アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ベンチプレス100キロを目指す。
ブログ紹介
身長163センチ体重44キロだった自分が、
ベンチプレスMAX100kgを目指しています。
zoom RSS

【2018/02/10】

2018/02/10 23:49
【バーベルベンチ】
・87.5kg×4回目潰れ
・80kg×7回目潰れ

【ダンベルベンチ】
・27.5kg×9
・27.5kg×5

【ディップス】
・自重×20
・自重×20
・自重×10(効かせ

調子が上がりません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2018/02/03】

2018/02/04 02:36
【バーベルベンチ】
・80kg×7
・80kg×7

【加重ディップス】
・30kg×10
・30kg×10
・30kg×8
・自重×10(効かせ

まだ全然本調子ではないです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2018/02/01】

2018/02/02 01:41
【ダンベルベンチ】
・27.5kg×12
・27.5kg×7(効かせ

【ディップス】
・自重×20(効かせ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2018/01/30】

2018/02/02 01:40
【バーベルベンチ】
・75kg×8(ストリクト
・77.5kg×8(ストリクト
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2018/01/27】

2018/01/27 22:05
【バーベルベンチ】
・60kg×10(ストリクト
・70kg×10(ストリクト

【ダンベルベンチ】
・27.5kg×11

【加重ディップス】
・27.5kg×10
・27.5kg×10
・27.5kg×10

先日のベンチ82キロ×8を最後にピークが過ぎてしまったので、一旦重量を下げています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2018/01/25】

2018/01/27 22:03
【ダンベルベンチ】
・27.5kg×13
・27.5kg×6(効かせ

【ディップス】
・自重×15(効かせ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2018/01/20】

2018/01/21 01:33
【ダンベルベンチ】
・27.5kg×13
・27.5kg×11
・27.5kg×7

ダンベルベンチは27.5キロで20回ぐらいを目指していきたいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2018/01/19】

2018/01/19 20:36
【バーベルベンチ】
・84.5kg×6
(体重49.7kg)

さすがに記録が止まりましたね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2018/01/16】

2018/01/16 20:29
【バーベルベンチ】
・82kg×8(自己ベスト更新)

【ダンベルベンチ】
・27.5kg×12

【加重ディップス】
・20kg×10
・20kg×10
・20kg×10
・自重×15
・自重×10
(体重49.7kg)

今日も自己ベスト更新できました。
MAX換算100キロはもう目の前です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2018/01/13】

2018/01/13 23:36
【バーベルベンチ】
・81kg×8(自己ベスト更新)

【加重ディップス】
・27.5kg×5
・40kg×8

【ダンベルベンチ】
・27.5kg×11

【加重ディップス】
・27.5kg×11
・自重×20(効かせ)
・自重×10(効かせ)

ついにベンチプレスの自己ベスト更新できました。
最近記録が伸び始めてる要因は、フォームが少し改善されたことと、高重量の加重ディップスにより神経が刺激されたことで間違いないと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2018/01/11】

2018/01/12 01:39
【ダンベルベンチ】
・27.5kg×10
・27.5kg×11
・27.5kg×10
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2017/01/08】

2018/01/09 01:21
【バーベルベンチ】
・80kg×8(自己ベストタイ)

【加重ディップス】
・20kg×6
・40kg×5
・20kg×11(効かせ)
・10kg×13(効かせ)
・自重×17(効かせ)
・自重×20
(体重49.5kg)

本当に久々に80kg×8回挙げられました。
9回目も狙えそうな感じだったので、調子が良いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2017/01/06】

2018/01/06 23:46
【バーベルベンチ】
・77.5kg×9

【加重ディップス】
・20kg×6
・37.5kg×9
・25kg×13
・自重×32

今日はベンチ77.5キロが軽かったです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2017/01/05】

2018/01/06 01:58
【バーベルベンチ】
・79kg×7
・79kg×7

これからですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2017/01/02】

2018/01/03 00:33
【バーベルベンチ】
・83kg×5

【加重ディップス】
・20kg×6
・35kg×10
・20kg×16
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2017/12/29】

2017/12/29 21:49
【バーベルベンチ】
・80kg×8回目ギリギリ潰れ

【加重ディップス】
・20kg×6
・32.5kg×12
・20kg×15
(体重49.4kg)

今日は調子が良かったです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2017/12/26】

2017/12/27 00:06
【バーベルベンチ】
・80kg×7

【加重ディップス】
・20kg×6
・40kg×5
・30kg×12
・自重×40
(体重49.0kg)

ディップスの重量をどんどん伸ばしていきたいです。
感覚的に、自分の体重だと加重ディップス40kg×10〜12辺りでベンチプレス100キロが狙えそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2017/12/23】

2017/12/24 00:49
【バーベルベンチ】
・77.5kg×4(足浮かせ)
・80kg×2(足浮かせ)

【加重ディップス】
・20kg×8
・30kg×10
・20kg×14

今日はベンチの調子があまりよくなかったので、ディップスを頑張りました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【マッスルビルダー ワイドベンチ レビュー】

2017/12/17 01:06
こんにちは。

今回、新しくプレスベンチを購入したので、そちらのレビューをしていきたいと思います。
まず自分がベンチ台を買う際の条件として、以下のものを求めました。


・ラックの高さが調整できること(できない場合は、自分のベストな高さと同じなこと)

・ラックアップしやすい構造であること

・しっかりとした長さのあるセーフティバーが備え付けであること

・値段が12万円未満であること(15万円以上となると、ジムや施設用のオリンピックベンチと変わらないため)

・本体重量がそれなりの重さであること(軽いと安定しないため)


この辺りを求めました。
そんな中で商品を探していると、いくつかの候補を見つけます。


画像
【エバニュー ワイドベンチ(本体重量約46.5kg)】

これは施設用レベルのプレスベンチとしてはかなり低価格で、
なおかつセーフティやラックの調整など全ての条件をクリアしていたため、最後まで購入候補として入っていました。
しかし強いて言えば本体重量がやや軽めで、商品レビューなどが一つも見つからなかったため、見送る形となりました。


画像
【TUFFSTUFF オリンピックベンチ(本体重量不明)】

こちらは有名本格器具メーカーであるタフスタッフのプレスベンチです。
ここまでくると完全にジム用で、家庭用としてこれを購入する人はかなり少ないと思います。
しかし見た目の海外ジム感(?)はかっこいいですよね。
ただラック部分がフック式ですので、少しラックアップがしづらそうだなというのが正直な感想です。


画像
【マーシャルワールド プレスベンチPRO(本体重量約58kg)】

これは上二つと比べるとかなりお値段が控えめですね。
ただ見ても分かるように明らかにセーフティバーが短く、ラックの高さも不自然な位置にあるので(105cmぐらいあるのでは?)実際に使うとなるとかなり不安要素がありそうです。
またこの器具は中古市場によく出回っているため、手放す人が多いということでしょう。


画像
【FIELDOOR ベンチプレスラック(本体重量約18.5kg)】

こちらはFIELDOORというメーカーが比較的最近?出したベンチプレスラックです。
なんと言っても値段が安く、それでいてラックとセーフティの高さが調整できるタイプのため、かなり画期的な商品と言えます。
自分はここまで低価格のものを買うつもりはなかったのですが、あまりにコストパフォーマンスが高かったため、
これも最後まで購入候補として入っていました。
しかし値段が安いので仕方がないと言えば仕方がないのですが、本体重量がかなり軽く実際にこれを使っている人の動画などを見ると、結構ガタつきが激しい印象を受けました。


画像
【マッスルビルダー ワイドベンチ(本体重量約68kg)】

そんな中で自分が最終的に購入を決めた商品は、これでした。
購入の決め手となったのはやはり本体重量68kgという圧倒的な重さと、国内生産という安心感でした。
これはラックの高さが調整できないのですが、88cmという高さは自分がベンチプレスをやる際の高さ(88〜90cm)をクリアしていたため、問題ありませんでした。


それではここから、購入したマッスルビルダー ワイドベンチの商品レビューをしていきたいと思います。

画像
まずは全体像です。
狭い部屋にこのサイズの物を置くとかなりの存在感がありますが、洗練されたデザインでとてもかっこいいです。
ちなみに横幅が122cmありますので、基本的にスタンダードシャフトでは使用不可かと思われます。
シートの高さは42cmです。この高さは日本人向けのベンチとしてよく使われる高さですが、自分としてはもう1〜2cm高くてもいい気がします。


画像
ラックの部分になります(高さ88cm)。
見てのとおりツメが短いため、非常にラックアップがしやすいです。
またラック部分にはステンレスを使用しているため、錆びにくいとのことです。
しかしシャフトのローレット部分が当たるため、傷は普通に付きます。


画像
セーフティバーです。
長さが41cmと充分なものがあり、また器具本体とセーフティの隙間も1cmほどしかありませんから、普通に使う分にはまず身体にバーベルが落ちることは無いと思います。
高さの調整は貫通のピン式なので、セーフティ自体のガタつきはあります。


画像
画像
ラック本体の溶接部分です。
ほとんどの箇所が最初から溶接されてますので、組み立てる部分はフラットベンチの取り付けだけです(合計8本のボルトを使用します)。


ある程度使ってみての感想ですが、やはり本体重量がかなり重たいため、安定感が凄まじいです。
今まで中国産の安物器具をいくつか買ってきましたが、それらとは比べ物にならない品質だと思いました。

お値段が8万円ほどするので決して安くはありませんが、ラックの高さ(88cm)さえ合うのであれば、ベンチプレスに拘りのある人に自信を持っておすすめできる商品です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【2017/06/03】

2017/06/04 02:51
【バーベルベンチ】
・70kg×11
・80kg×4
・70kg×6(足浮かせ)
(体重48.3kg)

訳あって全然力が入りません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ベンチプレス100キロを目指す。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる